自動車売却

もし、あなたが愛車を手放す際の査定額に全く興味がなければ、すぐこのサイトから離脱してください。

 

 

反対に、愛車を手放す際、「絶対に損をしたくない」「少しでも高く売りたい」と思うのであれば、このサイトはきっと有益です。

 

 

愛車を手放すパターン

愛車を売却する際、最もポピュラーな方法は「下取り」と「買い取り」でしょう。

 

下取りとは、新しく新車(中古車)を買うお店に今まで乗っていた愛車を引き取ってもらうことです。
一般に「ディーラー下取り」と呼ばれています。
ディーラーで新車を買うとき、「下取車はあります?」と聞かれると思いますが、まさにアレのこと。
これまでの車を買取ってもらい、それを新車の原資の一部に充てるという考え方が「下取り」なのです。
今でも多くの方が、この下取りを使っていると思います。

 

 

一方、買い取りとは、買取専門店や販売店に、新しい車の購入とは関係なく直接クルマを売却することです。
テレビCMなどでもお馴染みの「ガリバー」「アップル」「ラビット」「カーセブン」などの大手から、街の中古車屋まで規模の大小を問わず、無数の買取店があります。
単純に、もう車に乗らなくなった場合は、買い取りで手放すことが多いと思います。
以下は買取専門店の一部です。
比較的大きな規模の会社だけでも、このくらいの数はあるのです。

 

 

 

 

それぞれの長短

下取りの最大のメリットは、「買うのも売るのも同じお店なので手間が省け、面倒くさくない」ということです。
また、新車ディーラーは、トヨタやホンダなど、メーカーの信頼があり、実際に資本がシッカリした大きな会社が経営していることが多いため、安心感があると思います。

 

ただし、「手間」や「安心感」だけを考えることでのマイナスがあることも見逃せません。
中古車を買う専門家とメーカーの新車を売る専門家では査定額に以下のような違いがでてきます。
それぞれの特徴をよく理解し、最もメリットのあるやり方はなにかを見極める必要があります。

 

【下取りのメリット】
・次の車を買うときの値引きできない分を下取り額で多少なりとも補填してくれることがある

【下取りのデメリット】
・他の買取専門店で高い査定額がついたとしても、下取り額をそれに合わせてくれることはほとんどない
・人気車種や装備も買い取りに比べるとプラスになりにくい
・元々、新車を買いに来ている客なので、基本的には「カモ」だと思ってナメている場合がある

 

【買い取りのメリット】
・サンルーフや本革シートなど、人気装備などが細かく買取価格にダイレクトに反映されるので、思わぬ高値がつくことがある
・複数の買取店の買取価格を比較でき、一番高い値段をつけてくれたところへ売却することができる
・お店が得意とするブランド(軽自動車、輸入車など)の場合、通常よりも高めの値段をつけてもらえることがある

【買い取りのデメリット】
・相場変動に敏感なので、売却時期により低めの査定になるケースがある
・どこで売ればいいかわからない

 

 

 

より具体的な説明

上の説明でわかるように、下取りは画一的な基準で硬直的な評価しかしてくれません。
また、次の車を買うときの値引きと混同させ、うまく調整することで価格をごまかされてしまうリスクがあります。

 

よく考えればわかることですが、ディーラーは、新車販売がメインです。

そこで十分な利益が出せるのです。
つまり、下取り車は二の次で、、そこで頑張って顧客を満足させるビジネスではないのです。

 

当然、細かいノウハウもないので、画一的で硬直的な査定になってしまいます。
で、あとは営業トークでごまかす。
上手いことを言って、顧客を納得させればいいのです。
ディーラーの営業マンは、親切そうな顔をしていますが、本当は自分のノルマ達成だけが目的なのです。

 

 

一方、買取は「車の状態」や「季節性」など、市場の状況に合わせて細かく査定してくれるので、高額買取を実現できる可能性が高まります。

買取店は買い取った車を転売し、そこで利益を上げるビジネスモデルです。
つまり、車を買い取れなければ、商売になりません。
買い取った車こそが、利益の源泉なのです。
よって、多少無理をしてでも車を買い取りたいのです。
買い取ることができれば、転売によって多少でも利益が確保できるのです。

 

この2つのビジネスの違いがおわかりいただけたでしょうか。
頑張って高い金額を出す必要がない下取りと、無理をしてでも買い取りたい買い取りの違いこそ、高額買取の秘訣なのです。

 

 

 

本当の高額買取を勝ち取るには

下取りよりも買取の方が有効である事はおわかりいただけたと思います。

 

しかし、この買い取りをさらに効果的に使う方法があります。
一般的に買取を依頼する場合、「ガリバー」や「アップル」などの車買取業者の店舗に持ち込んでしまいます。
しかし、これは、あまり誉められた方法ではありません。

 

直接持ち込んでしまうと、買い取り業者は「この客、売る気満々だな」「多少、安くても手放すな」と考え、「相場の中で1番安い査定額」を提示してきます。
つまり、「買い叩かれる」のです。

 

足元を見られることなく、最も高い値段で売るのであれば、「複数業者の査定」がマストです。
ただ、いくつも買い取り業者の店舗を回るのは、さすがに面倒ですよね。
だったら、買い取り業者に出張してきてもらえばいいのです。

 

 

そのために使っていただきたいのが、「車買取一括査定サイト」です。

 

 

車買取一括査定サイトに登録すれば、あなたの愛車の情報が近隣の車買取業者に転送されます。
そして、買い取りたいと思った業者から連絡があります。
一般的に3〜10社から連絡があると言われています。

 

あとは査定を受けたい業者と日時を調整し、自宅まで出張査定に来てもらえばいいだけです。

 

もちろん登録料は無料!
何のリスクもありません。

 

査定は平均的に約1時間。
3社の査定を受けても3時間で終わりますので、休日を完全につぶしてしまうということはありません。

 

たった3時間を使うだけで、最高値で手放することができる可能性を手に入れることができます。

 

ただでさえ車を買い取りたいと思っている業者が、複数社集まり競争すれば、自ずと買い取り価格は上昇するのです。
オークションの要領だと考えていただければ良いでしょう。
一般的に、直接買い取り店に持ち込んだ場合に比べ、約20%の上積みが期待できると言われています。
直接店舗に持ち込んで、100万円と算定された車なら、一括査定サイトを使えば「120万円」になるということです。
メチャクチャ、デカいですね!

 

買い取り」+「車買取一括査定サイト」の活用が、今のところ最強の組み合わせです。

 

 

 

おすすめの車買取一括査定サイト

世の中にはたくさんの車買取一括査定サイトがありますが、それぞれに特徴があります。
どれを使うべきか迷ってしまいますが、各種項目を正しく評価した場合、自ずと以下3サイトに絞られてくるでしょう。

 

 

 

 

 

このうち、できれば2サイトを使ってください。
2サイトの活用で、おそらく4〜10業者の査定が受けられます。
そうすれば、市場の最高値で買い取られる可能性は「95%」でしょう。

 

 

 

車買取一括査定サイトの登録は簡単です。
所要時間は、1サイトで1分〜3分程度です。
自宅にいながらできる作業です。

 

 

パソコンでも、
スマホでも、
タブレットでも登録できます。

 

簡単な作業で、プラス数十万が期待できるなら、使わない理由はないですね。

 

是非、車買取一括査定サイトで高額買取りを実現させてください。

 

 

 

 

 

オススメしたい車買取一括査定サイトです

 

この中から、できれば3つのサイトに登録してください。ディーラー下取りからプラス10万円は間違いないはずです。

最大の特徴は車買取業界最大手「ガリバー」の査定が受けられることです。ガリバーは自社買取が好調なため、ズバット車買取比較以外の車買取一括査定サイトから撤退しています。ガリバーは資本力を活かした高額買取で有名です。ガリバーの査定を受けずに売り先を決めないでください!ガリバーの査定を受けるという目的のためだけでもいいので、このサイトを使ってみてください。

上場企業であるリクルートが運営するサイトなので信頼性は抜群です。雑誌「カーセンサー」での歴史が長いため、中古車買取店との付き合いは古く、その登録数が多いのが特徴です。多くの買取店が登録しているため、当然、高額買取される確率が高まります。その意味で、このサイトを外すという選択肢はないはずです。

ソフトバンクグループが運営するサイトです。この業界では老舗サイトと言えるでしょう。地域に密着している中小規模の買取店が多く登録しているのが特徴で、、他のサイトからは来ないような店舗が含まれていることが多いです。「年式が古い」「改造車」「商業車」など、普通では高値が付かないような車でも、カービューを使えば、思わぬ高額買取が実現できる可能性が高いです。「少しでも高くしたい!」という場合におすすめのサイトといえるのではないでしょうか。

楽天オート

後発サービスですが、あの楽天が運営しているので、いろいろメリットがあります。最大の魅力は楽天ポイントが3000ポイント付くこと。これは単純に査定額が3000円高いということであり、楽天で3000円分の買い物ができるということです。つまり、楽天ユーザーなら使ってもいいサイトだと思います。ということで一括見積り単体での利用を考えると4番目の評価ですが、一括見積りを複数利用するなら押さえたいサイトです。